ザ・コンランショップが京都で出合う 「昂 –KYOTO-」店主 永松仁美さんセレクト 京時間に寄り添うモダンなかたち

和洋にとらわれない独自の感性で暮らしを楽しむ永松仁美さんが、「ザ・コンランショップ 京都店」で見つけた10のお気に入りアイテムたち。窓からみえる風景も、ゆったりと流れる時間も、どことなく古都の洗練を感じる空間で、コーディネイトいただきました。京の美意識とロンドン発のインテリアショップのエッセンスが溶け合う、豊かな秋の暮らしをご紹介いたします。

01ワイヤーバスケットを季節の花飾りに

グリーンやオレンジのヴィヴィッドなカラーリングをきかせたハンドメイドのワイヤーバスケットは、見せる収納としても重宝しそうです。「現代陶芸家・辻村 唯氏の花器を合わせて、有機的な風合いをプラスしました」と永松さん。

  • ワイヤーバスケット(オレンジ、グリーン)各7,020円(すべてポルスポッテン)

02“紅葉”を愛でながら、秋のティータイム

立方体が敷き詰められた斬新なデザインのプレートに、「ZEN CAFE」謹製、“紅葉”を写したきんとんをのせて。「一つ一つハンドメイドで作られた味のあるお皿に、老舗の技がいきた美しいお菓子がよく映えます」と永松さん。

  • 幾何学プレート各3,024円(ポルスポッテン)
  • デザートフォーク1,512円、デザートナイフ2,700円(クチポール)
  • ブルーナプキン各1,080円
  • バスケットトレー14,040円
  • カップ&ソーサー2,592円

03空間が楽しくなる “幻の人形”

ミッド・センチュリーを代表する建築家兼テキスタルデザイナー、アレキサンダー・ジラルド氏が1963年、自邸を飾るためにデザインしたオブジェが時を経て製品化。「独創的な色遣いやディテールが愛らしく、遊び心たっぷり」と永松さん。

  • 人形のオブジェ各14,040円(アレキサンダー・ジラルド)
  • ガラスの魚のオブジェ9,180円

04やさしい手触り、気持ちまであたたまる

「さりげなくて心地よいものが好き。贅沢な手触りは日常が豊かになります」と永松さん。これからの季節に選んだのは、ブランケットにも使えるベッドスロー。触れたときのやわらかさからも素材の上質感が伝わります。

  • <左>黒×白のベビーアルパカ素材ベッドスロー34,560円(エルヴァン)
  • <右>グレーのカシミヤショール73,440円(オユーナ)

05和の花遊びが似合う手吹きの一輪差し

しゅうかいどう、野菊、にしき木。シンプルな手吹きガラスのフラワーベースを3つ並べ、京都の花屋「花政」さんで選んだ秋の和花を飾って季節を楽しみます。いわば永松さん流の花遊びです。フォルムの異なるベースが花とともにリズムを作ってくれます。

  • ガラスのフラワーベース<右・中>1,296円、<左>907円

06チェアを主役に見せるコーナー作り

2013年復刻の「イームズ・シェルチェア」に、テレンス・コンラン氏が愛したブルーのテキスタイルを合せた一脚に、古着やヴィンテージ生地で作られたぬいぐるみが座っています。「苔玉をぶらさげ古材を敷いて。インパクトのあるチェアをディスプレーにしました」と永松さん。

  • 青いチェア81,000円(イームズ)
  • ロンドン生まれのハンドメイドのぬいぐるみ各18,360円(ボビー・ダズラー)
  • 「C」のオブジェ5,184円

07対照的な組み合わせで存在感あるオブジェに

3つが入れ子になるトランクは、収納にもディスプレーの両方の役割を兼ね備えています。 「レトロな雰囲気のトランクに、対照的なものとして丸い花器、まんさくの紅葉を飾りました」と永松さん。四角と丸形、無機質と手しごと、そのコントラストが見事に溶け合っています。

  • ザ・コンランショップオリジナルのトランクセット27,000円(3個セット)

08やすらぎのひとときへと誘う極上の香り

英国のフレグランスブランド、トゥルー グレースのキャンドル。1930年代の古文書からアイデアを得たガラスの地模様がキャンドルを灯した際に、美しい影を作ります。「『染司よしおか』の草木染の敷布に、傍らには二見光宇馬(ふたみこうま)氏の作品。柔和で温かなお顔にも癒されます」と永松さん。

  • さわやかでクオリティの高いティーにベルガモットとライムを加え、ローズとバニラで仕上げた「ホワイト・ティー」のキャンドル5,832円(トゥルー グレース)

09陰影礼賛に通じる北欧デザイン

1枚のプラスチックシートを一つ一つ手で折りあげてできるフォルムがエレガント。下方にやわらかな光を注ぎ、美しい光と影のコントラストを織りなすレ・クリントの代表作です。「マットな質感のフロアスタンドは和の空間にも合います」と永松さん。

  • フランス語で「かくれんぼ」を意味する、「Cache(キャシェ)」という名のフロアスタンド159,840円(レ・クリント)

10秋の夜長、やわらかな光が心地いい

ボヘミアングラスの確かな技術と、チェコの若手女性デザイナーの新しい感性が融合し、現在、ヨーロッパで最も注目を浴びている照明ブランドの一つ、ブロッキスによるガラスの照明。「ろうそくで灯したかのようなふんわり広がる光は、秋の夜長にぴったりです」と永松さん。

  • ガラスの照明76,356円(ブロッキス)

※商品の価格はすべて税込です